これまでは XREA の有料ホスティングを利用していましたが、さくら VPS に移行しました。

この移転にあたって、大体以下のような作業を行っています。

  • さくら VPS 契約
  • OS は Ubuntu 10.04 (32bit) をインストール
  • ログインを公開鍵方式に限定して sshd を起動
  • ufw でファイアウォールの構築
  • aptitude や tasksel などで LAMP 環境の構築
  • WordPress 最新版をインストールし、テスト環境に
  • Git をインストール
  • テスト環境を Git リポジトリにチェックイン
  • RVM をインストール
  • WordPress 用とは別に Redmine 用ユーザーを作成し
  • Redmine 用ユーザーに RVM で Ruby 1.8.7 をインストール
  • Redmine 用ユーザーに Redmine をインストール
  • Redmine にブログ用のプロジェクトを作成
  • Redmine に、ブログ移転のために必要なタスクをチケットとして登録
  • Git リポジトリを Redmine と連携
  • Postfix をインストール
  • Redmine の更新が、Postfix を通じてメール通知されるように変更
  • 必要そうな WordPress プラグインをインストール
  • Apache を mod_proxy でリバースプロキシ化
  • munin をインストール
  • Mysql にスロークエリログが出力されるよう設定
  • 旧サーバーから WordPress の記事をエクスポート
  • 新サーバーに WordPress の記事をインポート
  • 本番環境用の VirtualHost を作成
  • テスト環境から git pull し、本番環境の構築
  • /etc/hosts を書き換え、擬似本番テスト
  • DNS の A レコードをさくら VPS のものに切り替え

大体こんな感じです。順番は必ずしもこの通りではありませんが。

さくら VPS では root 権限がもらえるので、いろいろインストールできるし、 Apache や MySQL についても細かく設定・監視ができるので楽しいです。 XREA のときにはできなかったような、より実践的なサーバー運用を学んで、このブログにも残していければと思います。

Trackback

2 comments untill now

  1. [...] Born Too Late » サーバーをさくら VPS へ移転しました [...]

  2. さくらのVPS 設定ガイドリンク集 厳選140 \(初心者歓迎)/

    さくらのVPSでWebサーバを構築するのに、参考にしたページをまとめました。
    相違点を比較検討することによって、標準的な作業手順を洗い出すのに役立ちました。
    情報を公開、提供し…

Add your comment now