はじめに

以下の記事は、 3 Things The Music Industry Can Learn From Gaming の翻訳です。
この記事も、元々は Albin Serviant: 3 critical lessons for music professionals, from the video games industry というロングバージョンがあるのですが、ハードル高めなので、先の短い記事を選びました。
両方読んでみましたが、重要な部分はしっかり抽出されていると思います。

誤訳等ありましたら、コメントや Twitter にご連絡いただければ幸いです !
私は英語が大の苦手で、勉強がてらの翻訳なので、ご指摘いただいて、より正確にこの記事を理解することが目的でもあります。

音楽産業がゲームから学べる 3 つのこと

MDEMblog にて、対話的な音楽企業の CEO である Albin Serviant は、音楽のプロがゲーム業界から学べる、 3 つの批評的な教訓を提案している。

  1. 消費者は、楽しんでいるとき、ソーシャルであることを好む
  2. 消費者は、エンタテインメントを個別化することを好む
  3. 消費者は、競争を通じて地位を獲得したがる

Serviant によれ、「今日のファンは、単なる曲以上のものを求めている。」ということだ。「彼らは、ソーシャルな環境の中で、参加型の個別的な体験を求めている。これは、彼らがアナログの世界で友人と LP を聴くようなときに抱いているものであり、今やデジタルの世界でもそれを探している。」

あわせて読みたい

  • [エラー: isbn:4121503708 というアイテムは見つかりませんでした]
, ,