個人的な日記として書きます。
発表についてのフォローとかは特にありません。

去年に続き二年連続で枠をいただけたので、話してきました。

去年は 5 分間に 26 枚のスライドを詰め込みましたが、今年は 3 分間に 34 枚を詰め込みました。

内容については、今日たまたま見ていた PyCon JP 2012gevent についての発表が基礎からわかりやすく解説されていて素晴らしかったので、そちらを観るのがいいのではないでしょうか。
gevent と gunicorn については気になったのでソースコードを読んでみようと思いますし、コルーチンベースということなので PHP 5.5 なら Generator を使って同様のアプローチができないか、とかいろいろワクワクしてしまいますね。

他の方の発表を観た中では、最先端 Web 開発の話がダントツで良かったです。
特に「誰もこれない場所へ行くのではなく誰もがこれる場所を作る」というのは心に刺さる名フレーズだったと思います。
あとは Pull Request で仕事を進めていくのも凄くうらやましいですし、自分の会社でもそういう風にしていけたらと感じています。

ボクも元々はこういう日々の開発についての話がしたかったのですが、まだ自信を持って「成果があった」と言い切れる状態では無いので、他の人と被らなさそうなところで話を選んでみました。

この発表では「フルスタックフレームワークは夢」という話もあり、ボク自身も同じことを強く感じています。
最近は週末に単機能ライブラリを開発して GitHub に公開しておき、平日にそれを社内のコードベースに取り込む、みたいなことをしているのですが、諸般の事情によりいずれも PHP 5.2 で書かれているので、PHP 5.4 まで stable としてリリースされている今ではあんまりウケないんじゃないか、と思いました。
ところが今回のカンファレンスの基調講演によると PHP 5.2 はまだまだ使われているらしく (というかこのグラフ的には一番多い)、それらについても機会があれば話してみたいと思いました。

エンジニアになって 4 年目、勉強会で人前に出て発表するようになってようやく 1 年が経ちました。
(そういえば社外でまともに発表したのは去年の PHP カンファレンスが初めてでした)
振り返ってみると、便利なツールであったりフレームワークであったりの話ばかりで、より泥臭い実践的なノウハウについての話がほとんどできていません。
今の自分に足りないもの、そして仕事の中で求められているものはそこにある気がしているので、来年こそはそういう発表をしてみたいと思いました。
(それにはそれなりの成果が先立っている必要があるわけですが)

最後に、PHP カンファレンス 2012 のスタッフの皆様、素晴らしいイベントをありがとうございました。

,

日本 Ruby の会会長である高橋征義氏 @takahashim が進行を勤める、「新春座談会 このコンピュータ書がすごい!2010年版」に行ってきた。場所はジュンク堂池袋本店。

2 時間という短時間で、ものすごい数の書籍を次々に紹介していくというスタイルで、詳細にはあまり触れない。基本 1 冊に 10 秒もかけずに、次々と進めていく。もちろん、中にはつっこんだ説明があったり、各出版社の編集・営業担当者からのコメントがあったりもするものの、「量が質になる」だけの閾値は超えていたんじゃないだろうか。1 冊平均 60 秒としても 2 時間で 120 冊。とてもライブ感のある、楽しい 2 時間だった。

出版社側からは、WEB+DB Press 編集の稲尾氏 @inao や、404 Blog Not Found における献本御礼でお馴染みのオライリー・ジャパン矢野氏をはじめとする方々。それぞれ何冊か担当して、書評を述べたりするんだけど、オライリー矢野氏がとくに凄かった。

矢野氏は、オライリーよりもむしろ他社の書籍の紹介が多く、ある意味「オライリーらしい」感じ。書評はすっきりしていてわかりやすく、興味を惹かれた。[エラー: isbn:4140814047:n というアイテムは見つかりませんでした]については、出版業界人という立場から、これからのメディア論もからめ、簡潔に大筋を説明。さらにそこから著者のクリス・アンダーソンについてのうんちくへ繋ぎ、オライリーの雑誌 Make: の宣伝でオトす。鮮やか過ぎて、まったくいやらしさがなく、会場思わず拍手。さらに、[エラー: isbn:475000362X:n というアイテムは見つかりませんでした]については、「分析と、受け入れられる物の作り込みは、ビジネス的にはおもてなし、ホスピタリティの参考にもなる」という持論を展開するなど、さすがにオライリースタッフは伊達じゃない思った。

気になった書籍

[エラー: isbn:4274066770 というアイテムは見つかりませんでした]
エンジニアの教養として、おさえておきたいところ。

[エラー: isbn:4822234312 というアイテムは見つかりませんでした]
『プログラミング言語 Ruby』とあわせて読めば、Ruby のバイブルになるとのことなので。

[エラー: isbn:4780801281 というアイテムは見つかりませんでした]
業界研究。

[エラー: isbn:4274067750 というアイテムは見つかりませんでした]
今の仕事の役に立つんじゃないか。

[エラー: isbn:4883376354 というアイテムは見つかりませんでした]
これも仕事に直結する内容かと。

[エラー: isbn:4861006740 というアイテムは見つかりませんでした]
インターフェイスは大事。

[エラー: isbn:479811488X というアイテムは見つかりませんでした]
実践的な仮説検証の本としても読めるとのことなので。

[エラー: isbn:4861005779 というアイテムは見つかりませんでした]
IA についても教養程度にはおさえておきたい。

[エラー: isbn:4798119865 というアイテムは見つかりませんでした]
PHP 本では珍しく、「この人はわかっている」という内容で、安心して読める、とのことなので。

[エラー: isbn:475000362X というアイテムは見つかりませんでした]
オライリー・ジャパン矢野氏がビジネスマンに推薦するホスピタリティの参考書。

去年おもしろかった本

2009 年に読んだ本からのリストなので、必ずしも新刊ではないですが。

[エラー: isbn:4873113911 というアイテムは見つかりませんでした]
JSON の提唱者である著者の、JavaScript 愛がひしひしと伝わる美書。

[エラー: isbn:4873113296 というアイテムは見つかりませんでした]
サイ本。JavaScript の言語仕様について網羅的に書かれている。

[エラー: isbn:4873113946 というアイテムは見つかりませんでした]
サイ本と同じく David Flanagan 著。Ruby の強力な表現力を知ることができる。まだ読み深め中。

[エラー: isbn:4894712857 というアイテムは見つかりませんでした]
GoF パターンだけでなく、Ruby に特化したパターンも含む。

[エラー: isbn:4798015164 というアイテムは見つかりませんでした]
パターンで作ることの楽しさ、パターン化されていることの便利さを教えてくれた本。

[エラー: isbn:4822281957 というアイテムは見つかりませんでした]
オブジェクト指向に至るまでの、プログラミングの歴史。それは抽象化の歴史でもある。

[エラー: isbn:4844326317 というアイテムは見つかりませんでした]
モバイルについては初学ということもあって、ある意味刺激的におもしろかった。

[エラー: isbn:4797339098 というアイテムは見つかりませんでした]
ユーザビリティについてのインデックスを与えてくれた本。

[エラー: isbn:4873114101 というアイテムは見つかりませんでした]
インターフェイスの大事さを教えてくれた本。

関連リンク

皆さんこんにちは。taketyan といいます。

もう何度目になるかわかりませんが、再び始めました。

私は渋谷区の音楽関連企業で働く Web エンジニアです。ブログには音楽のこと、技術的なことなど書いていければと思っています。

これらのキーワードにピンと来る人は仲良くしてください。

  • Doom Metal
  • Stoner Rock
  • Sludgecore
  • Psychedelic Rock
  • Acid Folk

もう少し具体的に言うと・・・。

  • Pentagram
  • Saint Vitus
  • Pentagram
  • Blood Farmers
  • Eyehategod
  • Speed, Glue & Shinki
  • Juan de la Cruz
  • Comus
  • Linda Perhacs
  • Vashti Bunyan

あとこっちも。

  • Ruby
  • PHP
  • JavaScript
  • MySQL
  • Ubuntu
  • OOP
  • Design Pattern
  • O’Reilly

それでは皆さんよろしくお願いします!